眺めのいいブログ

親愛なるキティーへ。

ネバーランドに行きたい。

学生を終えたいが終えたくない。

就職活動をしている。途轍もない不安に陥る時がある。全企業からNOと言われたらどうしよう、という恐怖と、希望通りの就職ができたとしても人生はどう続いていくのだろう、という不安だ。

 

学校に在籍していると、私が無限の可能性を秘めているような気がしてくる。私はなんだってなれる気がしてくる。選択肢が広がっていて明るい未来しか待っていないような気がしてくる。実際にそうなのか怪しいのに。そんな能天気な希望を抱くことがてきる学校を去ったら、現実の自分、何者でもない自分の本性が丸見えになって、夢も可能性も限りなくゼロになるのではないか。と、いま底抜けにネガティブな気持ちに襲われている。先が見えない。辛い。疲れた。

 

ピーター・パン (字幕版)